これでもうなくさない。ロック式ピアスキャッチのクリスメラ

HOME > ピアスアンケートデータ2012 >8 失くしたシチュエーション

8 失くしたシチュエーション

09

2-8. 失くしたシチュエーション ―70%以上が気づかないうちに―

 

 Figure 8は、ピアス紛失経験のあるユーザ(864名)に対して、ピアスを失くしたシチュエーションについて尋ねた結果を年代別に色分けしたグラフである。

 

(1)70%以上のユーザが気づかないうちにいつの間にか紛失していたと回答した。

この回答に年代の大き な差はなく、年齢に関係なく気づかないうちに紛失した経験を多く持っていることがうかがえる。

 

(2)その他の回答としては以下の様な状況が自由記述で得られた。

まず、最も多く寄せられていたのは「ヘルメット脱着中」であった。

その他には「洗顔中」や「ライブ鑑賞中」「付け外しの時」「飲み会(酔っている時)」が挙げられていた。

Figure8_square.jpg

      Figure8_circle_100分率ver2.jpg



アンケートの一覧へ

このページのトップへ

2016/01/15

弊社ピアスキャッチの店舗でのお取り扱いをご検討中の方(新規お取引をご希望の方)はこちらのページをご覧ください。

ピアスキャッチ取扱い